NEWS

タイ国内でも日本同様に純タイ製のクラフトビールブームが来ることを願っております。

タイ国産のビールといえば、シンハービール、チャーンビール、タイガービールとありますが、タイ国内では、リオビールの人気が高まっている様です。

もともとタイ国内の80%のシェア占めていたシンハービールが、低価格競争に敗れ、30%にまで落ち込み、チャーンビールに大将の座を引き渡してしまいました。

1998年に低価格ビールを発売開始した同グループのコーンケーンブリュワリー社が担当して製造販売し、巻き返しを図ったビールがリオビールだそうです。

薄味が特徴だそうですが、わたしはシンハーやチャーンよりもしっかり味わいがあるなぁ。という印象でした。

そのうちタイ国内でも日本同様にクラフトビールブームが来ることを願っております。

今宵も18:00より裕美ママが純日本製のクラフトビールとともにお待ちしております。

ACCESS