NEWS

ビール系飲料出荷数は減少するも健康志向の発泡酒系は増加傾向に。

2015年1〜3月のビール系飲料の出荷量は前年同期比9.1%減の8385万ケース(1ケースは大20本換算)だった。昨年3月の消費増税前の駆け込み需要の反動減が響き、前年実績を大きく下回っる結果となった。

その中でも発泡酒は0.4%増の1315万ケースだった。健康志向をうたう大手4社の商品が出そろったことで、販売量が増加し、2年連続で前年実績を上回った。

日本経済新聞

http://bit.ly/1Dqrdk6

リズムバーでは、健康志向をうたうビール系飲料の取り扱いはないので、その様なビール系飲料はご自宅で飲んでいただき、それ以外の全国各地の秀逸はクラフトビールをお飲みになられる方はお越しください!

今宵も18:00より開店いたします。

ACCESS